忍者ブログ
ただいま長期休眠中。てれびみてません…
[27]  [26]  [25]  [24]  [23]  [22]  [21]  [20]  [19]  [18]  [17
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

西遊記 最終巻

その間に行かぬ者は立ち去ればいい。恨みっこなしだ。 by沙悟浄
大友情ドラマ・西遊記の真骨頂な場面かと。誰も立たないって判ってるくせに~。そんな演出も心憎くておもわずニヤリとして。今回の西遊記は内村光良という役者を得て沙悟浄のキャラクターに新しいイメージができたトコが過去の作品との大きな違いじゃないかと。3人+三蔵の関係がなんて言うか立体化した感じ。単なる御一行様ではなく4人がそれぞれ活きた設定だったのではと。ナカナカ良かったと思いますよ。

そして悟空最後の大立ち回り。
たった今この扉にこの世で一番かてえ鍵がかかったぜ!
ひゃ~。カッコいい。悟空てば学がないワリには言い回し表現はいつも絶妙だわね。
悟空のタンカ聞きたくために毎回見てたようなモンだしな。

んで。話にゃ聞いててまだかまだかと待ち構えたアノひとの登場~。
痛いんだよね~。これ。
お釈迦様かいっ!これまた意表突くなあ。しかも緊固児の痛みが判って如意棒を巧みに操るお釈迦様。悟空も修行を積めばああなるのか。
ああそれと今回は老子の活躍ぶりもナカナカでした。

このドラマから何かを得ようとは全く思ってなくてただ楽しめりゃイイ。的な感覚だったけど、そゆ意味では最良の作品だったかも。
また続きやらないかな。

フジテレビ・西遊記オフィシャルサイト

にほんブログ村 テレビブログへ
PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
こんにちは
TBありがとうございました~!

>悟空のタンカ聞きたくために毎回見てたようなモンだしな。

これがいやだって人が多かった中で(私もですが)へぇ~~と思いました。
そしたら全編ほんとに楽しめたでしょうね。

>ただ楽しめりゃイイ

作る側もこれだけを考えて作ってたんでしょうねえ。だからへたにつっこみとか入れず、ほんと楽しんで見ればそれなりに面白かったのかも と思います。私は中途半端な見方をしてしまったかなと思う今日この頃です。

またどうぞよろしくお願いします~!

まりりん URL 2006/03/21(Tue)14:38:27 編集
無題
こんばんは。
TBありがとうございました。
毎回、ハイテンションの悟空になんだかなぁと、思っていましたが、それをガマンして、彼のお説教を聞くと、フイに涙が溢れてくるのは不思議でした。
mari URL 2006/03/22(Wed)01:06:25 編集
コメントありがとございます
◎まりりんさん

>これがいやだって人が多かった中で(私もですが)

あ。そーなんですか?なんか黄門様の印籠シーンみたいで好きだったですよ。私は。
仕事で遅くなった時も、最後のタンカ切るとこ見れればいいか~なんて思ってました。そうか。世間では評判悪かったんですね。

>だからへたにつっこみとか入れず、ほんと楽しんで見ればそれなりに面白かったのかも

そですね。中村雅俊の青春ドラマ見る感覚で…やばっ。世代が。


◎mariさん

>彼のお説教を聞くと、フイに涙が溢れてくるのは不思議でした。

セリフ回しは相当作りこまれてたと思いますよ。そこはそれ。リカやカンチの言葉と出所は一緒ですからね。
Coo 2006/03/22(Wed)01:40:23 編集
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
『 西遊記 』 最終回
    『 ひとの使命は 生きて 生きて 生きること 』弟子たちと涙の別れをし、やっと天竺・大雷音寺についた三蔵が、地下の牢内で修行しつつ、食を断って死んでいくことで、新たな経典となる「転生の儀」を命ぜられ、そのまま死んでいこうとする。助けに来た悟空が...
URL 2006/03/21(Tue)11:40:47
「西遊記」最終回~天竺~
西遊記最終回?次週スペシャルがあるから、次回が最終回?ゲストの堺さん、やっぱりさすがですね。その場の雰囲気がいっぺんに引き締まった感じがしました。如意棒を振るさまは、まるでかくし芸大会でも見てるようでした(笑)昨夜感想をアップしようとしたんだけど、何書いていいのかわからないんだよね~このドラマ(汗)
URL 2006/03/21(Tue)11:43:08
西遊記 最終巻 天竺
三蔵(深津絵里)一行は貧しい村人が沢山いる町に辿り着く。襲われる一行。三蔵が目を覚ますと天竺大雷音寺からの使い赤雲(山下真司)に助けられていた。目の前の山が天竺でここから先の案内の為に使わされたのだ。そして悟空(香取慎吾)たちを妖怪という事で捕らえ....
URL 2006/03/21(Tue)11:44:22
西遊記−天竺−(03/20)
いよいよ最終回を迎え,今回は,西遊記−天竺−の巻。かなり後半まで不安定な気分で見ていたのだが,最後になって「おもしろかった」に確定!!前回の最後に,「妖怪が天竺に入れるか」でまた一波乱ありそうなイヤな予感もする。と書いた。始まってすぐ,「私の旅はあなた...
URL 2006/03/21(Tue)12:04:00
西遊記 最終回『天竺』 感想
『天竺!愛と勇気と感動の最終回!!未来へ』
URL 2006/03/21(Tue)13:05:48
「ヒーロー」はツライよ
これまでの月9とは一線を画した異色作 西遊記 もあっという間に昨夜最終回を迎えました。(まあ来週特別編あるそうです) このドラマについて当ブログでは第一回以来(記事はコチラ ) ということで最初と最後だけネタにするという都合がよすぎな形になって 申し
URL 2006/03/21(Tue)13:16:55
西遊記 最終回 評価“合格ラインぎりぎりというところ”
思えば、第9話がこのドラマのピークだったのかも。そのあと2話は、相当混乱しながらやってたのじゃないかと思うほど完成度に問題ありだった。といっても、最終回である今回は、前回に比べれば筋そのものは通ってたし、みどころもありだったので合格点ギリギリという評価に..
URL 2006/03/21(Tue)14:33:23
西遊記 最終回
番組のはじめからもぅほとんど天竺大雷音寺についちゃってて、そんなに時間があって、どうするんだ?と思っていたら、「ありがたいお経をもらって、ハッピーエンド」ではなく、どうみても悪役だろ~お前らっていう感じの、坊主?らがいた。そもそも、三蔵を「なまか」のおともから引き離し、上に連れて行く新・お供の1人が山下真二だったことに、え~っとブーイングしてしまったのだけど大雷音寺のいちばんえらい人が、篠井英介だったことで、あぁ~こいつろくでもないやつにちがいない!と先が読めちゃった。まぁ、妖怪が入れないという話は、「穏やかに」は入れないだけで、悟空たちけっこう出入りしてたじゃん最終的には、ハッピーエンドってことで終わったんだけど。堺雅章が何で出るのかな~?と楽しみにしていたらお釈迦様でしたーっ!!香取・悟空の如意棒をたくみに操り、決めるシーンには、おぉ、さすが年とっても本家・孫悟空と感心してしまいました。他の出演者たちより、貫禄がありまくるので、ひょうひょうとした感じのお釈迦様も似合っていたと思いました。うん。ただ、凛凛の出番がもぅほんっとに少なかったのが、残念だったなーあと、びっくりだったのが、猿には斉天大聖・孫悟空という名前があるのは知っていたのだが、かっぱには捲簾大将(けんれんたいしょう・沙悟浄ぶたには天蓬元帥(てんぽうげんすい)、猪八戒っていう立派な名前があったとは知らなかったぁ。それにしても、次回もあるよ~みたいな最後にしていたが、オリジナルで作るんだろうか???子供向け西遊記。。。
URL 2006/03/21(Tue)15:01:12
●西遊記・最終回
-前半は、うつらうつらとしていて、これで、終わってしまうのか?と思ったところに、堺正章登場で目が覚めました。 これまで、否定的な態度でのぞんできたドラマでしたが、最後にしてやられた感です。 セリフ回しのリズムといい、アクションといい、回りを飲み込んでしまう力に
URL 2006/03/21(Tue)15:46:24
「西遊記」最終回
先週の回で「妖怪は天竺には入れない」とわかったお師匠さん。 悟空、悟浄、八戒の三人が喧嘩をしても止める事も出来ないくらいに落ち込んでいました{/kaeru_shock1/} 気を取り直して旅を続けていると、飢えによって倒れていた村人を発見し 助けようとしたそばから、どんどん同じような村人が食べ物を欲して出て来ました。 そんな中いきなり「天竺の使者」と言うものがやって来てお師匠さんを連れて行ってしまいます。 悟空達も助けてくれたのかと思ったら木に縛られたままでした。 お師匠さんは絶対に悟空達と天竺へ行くと「使者」に啖呵を切って出て行きました。 悟空達の元に戻り、一緒に行こうと話し一行はまた使者の元に戻ります。 そして4人で門をくぐろうとしましたが、 お師匠さんだけを押して中に入れさせました。 その時のやり取りは、ジ~~ンときました。 悟空の「寂しい」と言う素直な気持ちは本当に泣けました{/namida/} そしてひとりひとりに鈴を渡し…ここで永遠のお別れという感じでした{/face_z/} 悟空、悟浄、八戒3人の別れ方は、なんとあっさりしたものでしょう。 悟空は天竺の麓の村に留まり、村人に畑の耕し方などを教えていました。 八戒は息子と暮らし、悟浄は金魚と暮らしていたようです。 3ヶ月が過ぎた頃、悟空の元に倒れながら凛凛ちゃんがやって来ました。 「三蔵さんが死んでしまう」と…。 凛凛ちゃんに詳しい話を聞いている時に老子様が現れました。 老子様は「三蔵は自らの意思で99日の修行を選んだ。逃げることも出来たのだ」と。 悟空はいてもたってもいられず、悟浄と八戒の元に行きお師匠さんを助けようと提案。 3人とも反対するものはなく、いざ天竺へ。 やっとのことで悟空はお師匠さんを見つけます。 助けようとしても閉じ込められてる牢は硬く、悟空の力でも駄目です。 三蔵の心ひとつで開くという牢になっていました。 悟空は説得するもお師匠さんは首を縦に振りません。 ここのシーンも胸にジーン{/face_naki/}と来ました。 悟空の言った「人の使命は生きること。生きて生きて生き続けること」 いい言葉です…。 これでお師匠さんも心が戻り、 お師匠さんの涙{/namida/}で牢の箍が外れて外に出られました。 と、そこに悟浄と八戒が敵に捕まってしまいました。 お師匠さんは僧達のいるところで話をし
URL 2006/03/21(Tue)18:19:07
「西遊記」第11話(最終回)
最終回30分拡大スペシャル。説教くささも拡大版だ… [:イヒヒ:] ラスボスはキムタクでも大地真央でもなく、篠井英介だったてのにはやられたよ! 篠井さん…いつもこんな役だのぅ。相変わらずのキレ演技が光ってるよ。 あと、山下真司がひとり影の軍団みたいだったのもワロタ! なんかダラダラ長くなったので、ここから下は畳みます。
URL 2006/03/21(Tue)20:29:27
『西遊記』第10回感想?
凛凛ちゃん、べっぴんさんやのぉ・・・ と、どうでもいいところに感心してたりする。
URL 2006/03/21(Tue)23:48:22
西遊記 3/20 11巻 天竺 感想
どこからつっこんでいいやら・・・(;´∀`)。 うーむ。とりあえずマチャアキはやっぱりお釈迦様でしたー(´∀`*)v モンキーマジックが流れてきた時にはもう目頭
URL 2006/03/22(Wed)00:09:41
【テレビ】西遊記(最終巻)
三蔵にとって天竺は辛い所だった。長安から天竺まで徒歩で来たことを、物好きなことと笑われ、そんな時間があったら、仏の道を学べば良い物をと、罵倒された。
URL 2006/03/22(Wed)01:14:23
第十一巻 天竺 天竺!愛と勇気と感動の最終回!!未来へ
いやぁ、『西遊記』終わってしまいましたねぇ。 天竺に着いたものの、そこは想像上の天竺とは異なる最低の場所でした。 最終回、とても面白かったです{/face_en/}今までで一番、集中して見ました。 初っぱなの三蔵法師と、悟空、悟浄、八戒の別れのシーンからうるうるキター!{/face_naki/} お師匠さんの涙につられちゃってさ。やっぱり凄いわ、深津さん!{/hikari_blue/} あの涙は心からのものだと思います。 慎吾くんも、ウッチャンも伊藤くんも良かった。{/good/} 今日は一段と4人のチームワークの良さが画面から凄く伝わってきました。 朝のめざましテレビでも仲良さげだったし{/heartss_pink/} 4人が別れてしまった時はこっちまで心に穴が空いたような寂しい気持ちに。。 別れてから3ヶ月、悟空は民の手伝い、八戒はブタちゃんの子育て{/buta/}、悟浄は金魚の元で暮らす。天竺近いじゃん!(笑) お師匠さんの危険を知らせに凛凛が来たのだけど、身体はボロボロ。いったい凛凛の身に何があったんだろ?? 最初から最後まで謎の少女でした。{/face_ase1/} お師匠さんを助けるため、3人は再び天竺へ。 悟空と牢でやせ細った三蔵とのシーンはちょい感動的{/face_kaze/}悟空が涙を流したしね。 悟空達の事を悪く言われてお師匠さんが怒るシーンを見て、「三蔵法師役は深津絵里以外はありえない」と思いました。 あの演技は彼女にしか出来ないっ{/hakushu/} スペシャルゲストの堺正章さんはお釈迦様役でした。あの如意棒さばきは凄い。さすが初代悟空! ラストはお経をもらってあっさり長安に帰ってしまった。 が、お釈迦さまがさらわれてお経がまっ白に!三蔵法師御一向は再び旅へ…という終わり方でした。 続編を期待しちゃいますよ{/usagi/} 『西遊記』不満な点もありましたが、終わり良ければすべて良しです{/ee_3/} 来週は「春休み突入スペシャル!!西遊記ウッキー祭り!悟空も悟浄も八戒も三蔵も!みんなで一緒にGO!WEST」 これが終わったらもうあの4人を見れないのね{/face_cry/}楽しみが無くなるわぁ 2006年初っぱなから深津さんをたくさん見れて幸せでした{/hikari_pink/} 西遊記に感謝!! 長期の撮影は
URL 2006/03/22(Wed)13:22:28
西遊記(最終回)
 いよいよ今日は最終回。やっとこさ天竺へ到着することに。しかし、やっぱり最後まで「なまか」で押しますか。{/face_hekomu/}  妖怪は天竺は入れないため、悟空ら3人は天竺の入り口で見送るが、天竺があまりにもしょぼ過ぎた。{/face_acha/}坊主が10人くらいと、あとは僧兵っぽいのが何人かいるだけだもんな。  おまけに、どいつもこいつも高僧なのかとツッコミたくなるような品のなさ。{/face_gaan/}下々の者にはお経のありがたみは理解できないなどというのは大乗仏教の日本では受け入れがたい考えだが、天竺は元々上座部仏教だろうから一応正しいことを言っているのかな。  天竺の麓での三蔵と3人との別れは、まるで金八の卒業式のようだった。{/face_ase2/}  せっかく天竺に着いたのに、天竺の奴らはおかしなヤツばかりで、しまいには三蔵が死んでお経に転生させるとまで言い出した。なぜにこんなに悪役なの?  一番えらそうな坊さん(篠井英介)の格好は、完全に「元禄繚乱」の時の隆光そのもの。でも、その格好は密教じゃなくて?  今回はジジイ大活躍。天竺での三蔵との対面シーンでもなぜか座って隣の人と一緒に笑っているし、捕まった3人を助けに来るし。「聞いた?忘れろぉ」「何様だぁー あ、間違えた」のセリフもGood{/good/}  凛凛はあれだけ?登場に何の脈絡もないぞ。脈絡ないのは最初からと言ってしまえばそれだけだが。でも、先週滅法国に残ったはずでは?    八戒の子どもと悟浄の恋人(須藤理沙)も久々に登場。  死を選んだ三蔵を救うために悟空は筋斗雲で先に行き、悟浄と八戒は後から行くんだけれど、またまた距離感がよく分からない。どう考えても悟空が何日も待たされるような気がするんだけれどなぁ。{/face_gaan/}  天竺から脱出するところでは、これまでのハイライトシーンをひたすら繰り返し。ここでも総集編を流すかね。    そして、最後の最後にサプライズゲスト登場。孫悟空といえば、やはり堺正章。その堺正章がお釈迦様で現れた!{/hiyob_hat/}  如意棒の扱いは、さすが年季が入ってますな。お見事。{/hakushu/}首を支点にして回すやつは何か覚えているな。  結構期待して見始めたが、正直満足度は高くないねえ。{/face_hekomu/}  悟
URL 2006/03/22(Wed)23:28:24
『西遊記』最終話(その三) −伝言者−
「…かはっ!」 咳き込むと同時に、開いた傷口から血と体力が流れ出る。 それでも彼女は立ち上がった。悟空に伝えなければならないことがある。──天竺からの修行僧(殺戮者)の言う事が本当ならば!・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・...
URL 2006/03/27(Mon)07:41:05
アクセス
カレンダー
08 2017/09 10
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
BOOKMARK
はてなにブックマーク  Yahooにブックマーク  Livedoorにブックマーク  バザールにブックマーク  del.icio.usにブックマーク   その価格OK?-楽天・アマゾン・ヤフオク・価格.COM、比較検索

プロフィール
HN:
Coo
性別:
非公開
QRコード
ブログ内検索
忍者ブログ [PR]